東京海上ホールディングスってどんな会社?

未分類
スポンサーリンク

損害保険のリーディングカンパニーの東京海上

損害保険最大手の東京海上ホールディングスは東京海上日動を中心とした保険グループです。
日本の損害保険協会は今回みてみる東京海上グループを含めて3社でシェアの多くを握っていますが、1位の座を堅持しています。

他社に比べ、海外展開にも早くから力を入れており、生損保の相互参入の規制が緩くなった後は生命保険事業にも力を入れています。

マリンの愛称で親しまれている会社ですが、比較的年収が高めの金融業の中でもトップクラスの給与ややりがいなどから就活生の人気も常に高い企業です。

東京海上HDの基本情報

名称東京海上ホールディングス株式会社
社長取締役社長 小宮 暁(2019年6月24日現在)
所在地〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-2-1
電話番号03-6212-3333
設立日2002年(平成14年)4月2日
資本金1,500億円
従業員数642名
連結従業員数
(2019年3月時点)
40848人

(内訳)
国内損害保険事業
20,465

国内生命保険事業
2,240

海外保険事業
15,557

金融・一般事業
2,586

東京海上HDのグループ図

東京海上グループは現在、「国内損保」「国内生保」「海外保険」「金融・一般」4種類の事業を行っています。

以下にざっくりとそれぞれの事業と子会社をまとめました。

東京海上HDのグループ図

国内損保圧倒的な東京海上日動の存在感がありますが、国内生保事業を担う東京海上あんしん生命もかなり伸びています。また、海外保険事業は長年の積極的なM&Aによって多くの会社を傘下に収めています。

・国内損保
業界のリーダーとして東京海上日動を中心とした圧倒的なブランドを誇っています。また、ネット専業のイーデザイン損保や、少額短期保険と言われる簡単な保険を専門にあつかう東京ミレニア少額短期などの時代に合わせた業態にも手を広げています。

・生保事業
損害保険会社の兼業が許されるようになった後にはじまった事業にかかわらず、今では大手生保に次ぐ規模にまで成長しています。

・海外展開
比較的早いうちから取り組んでいた事業ということもあり、米国を中心に特色のある保険会社を傘下におさめています。単に規模を追い求めるだけでなく、効率的に稼ぐために再保険会社を売却するなどの動きもあります。

・金融一般事業
代表的なものとしてアセットマネジメント事業を行っています。保険という顧客から事業を預る事業を行っているため、シナジーをはっきしやすい領域です。

東京海上HDの業績

東京海上日動HDは大手として成熟した企業でいながらも、着実に成長をしています。背景には力を入れいている海外の会社の買収や以前買った会社が着実に成長できてることが伺えます。

16年3月17年3月18年3月19年3月20年3月予想
経常収益4,579,0765,232,6025,399,1155,476,7205,600,000
正味保険3,265,5783,480,4783,564,7473,587,4003,560,000
経常利益385,825387,659344,939416,330455,000
利益254,540273,856284,183274,579325,000

日本を代表する損害保険業界のリーダ的な存在で、これからもグローバルに成長が期待されています。
就職先、投資先、ともに人気のある企業です。

コメント