配当金の端数は切り上げ?税金はいくらかかる?

金融
スポンサーリンク

フロッギーやネオモバイル証券、LINE証券をはじめとした1株から買うことのできるサービスが増えてきました。

単元以下とはいえ、やっぱり楽しみになる配当ですが、たまに「一株あたり配当5.5円」などの配当が端数の株があります。その場合に振り込まれる配当金、税金はいくらになるでしょうか?

計算してみよう

1株あたりの配当金額と株数を入力して計算してみましょう。

1株あたり配当金額(円):
株数(株):

配当金額(円):
所得税額(円):
住民税額(円):
税引配当金額(円):

計算方法

・配当金→1円未満切り上げ

・所得税→1円未満切り捨て

・住民税→1円未満切り捨て

基本的には株主に有利なように配当や税金は計算されます。

配当が5.5円の株を1株持っている場合

配当金→切上げで6円

所得税(復興特別所得税含む) 6×15.315% = 0.9189円 → 1円未満切捨てで0円課税

住民税 6×5% = 0.3円 → 1円未満切捨てで0円課税

このように配当金が6円に対して所得税、住民税が発生しません。

結果 6円が振り込まれる

おすすめ証券口座

1株から株の売買ができるLINE証券がおすすめです。
私もSMBCなどの高配当の株をこちらで保有しています。

下のバナーから口座開設すると最大3株分の売買代金がもらえるのでよければご活用ください!

初株キャンペーン

コメント